for High School students

あるご縁で日本の高校生に対してお話しする機会を得まして、その準備のために作ったも のをここに残します。こんな機会が無ければこんなことしませんよね…。

参考になるかわかりませんが、僕の生い立ちが知りたい奇特なかたは自己責任でご参考にしてください。

自己紹介

1. Before undergrad (Things that don’t appear in the CV)

early childhood (age 3 to 9)

  • Lived in New Jersey, Texas for six years
    • = 英語勉強したことない?
      • 誰も理解してくれない英語に対しての苦悩
      • でも楽です。必須スキル

mid to high school (Yoshio Taniguchi)

(中学以降学校と職場が全て建築家によるもの)

  • Bright side

    • started programming by 13 (ca. 1998)
    • built own computer in 14
    • ‘Special’ Prize on High School Short Clip Contest
  • Actuality

    • Was mostly … gaming (~8 hrs per day)

      • accumulative play duration: 365 days in 3.5 years
    • Was 2nd worst in grades

      • 勉強にあまり関心がなかった。(嫌いでも好きでもない)
        • 今はあんまり後悔していない。(どうせ一生かけてやると後から知った)
      • 数学は好きでした

2. Undergrad (2004-2008) (Maki Fumihiko)

Architecture

  • Shigeru Ban

    - paper studioにすんでた

    • Disaster relief projects
      • China, Japan(Fukuoka, Hiroshima), Haiti, Washington(exhibit)
  • Bachelor’s Diploma

    • First Prize for that year/school
    • 卒業設計:豊洲の待機児童問題を解決する可変建築
  • Kostas Terzidis (book)

    He was teaching programming to students in Architecture Dept. Harvard GSD Had a 3 day workshop at my University

3. Graduate School

Ban left school :( :P

already in to Computational Architecture

3.5 Leap year

Intern at MEME(Boston), while staying at Matsukawa-san’s place

4. Nikken Sekkei Digital Design Lab (Tadao Kamei)

Tomohiko Yamanashi

showreel

nigechizu(逃げ地図)

lmn architecture

5. Media Lab City Science (I.M. Pei, Maki Fumihiko)

CityScope (Github)

Talking Drums

質問

会後にメールで学生さんから、いくつか質問をいただいた。大変僭越ながら、その回答を ここに共有します。(許可は取ってあります。)

1、建築家はブラックですか。(徹夜が多いなど)

そういった側面もあったかと思いますが、社会からの要請によっていろいろ変わってきた と思います。「なぜ徹夜させられるか」ということと同じくらい重要なのが「なぜ自分は 徹夜するのか」と自分なりの時間の考え方を持っておくことだと思います。

僕は高校の頃、毎日のようにゲームで徹夜していました、建築やプログラミングはその延 長です。

2、具体的に酒井さんが建築家になってこれはやっといたほうが良かった、これは役 に立つということがあれば教えていただくたきたいです。

俗に言われる理系のベースも要求されますが、 やってみると「自分のデザイン(考え) をどうやって人に伝えるのか」ばっかりです。

そう云う意味でこの分野は文理の総合格闘技と言われます。それでは全部満遍なくといわ れると難しいですよね、しかも一つ秀でてるとそれはキャリアの中で軸になるので、 大学前にスキルを一つ習得するのはおすすめです。抽象的なアドバイスよりは逆にいただ いたの最初のメールに関連するようなことを超具体的に示してみます。

Rhinoceros(CADです) x pythonプログラミング とかいかがですか。

(この方は書道をやられている?た?そうです)書道は酒井さんのおっしゃる秀でたも のになりえますか。

書道なんて素晴らしいと思いますよ。多様性を重んじる海外の大学なんて好むスキルなの ではないでしょうか。海外で書道を広めようとしてる方が参考になるかもしれません。あ なたの作品をこっちの人のタトゥー化したらいいのでは?

高校時代に必要だと思うことはなんですか。

それが具体的にはあんまりないんですよ、生涯勉強だと思うので。

そんなこと言っても読んだり喋ったり基本的なコミュニケーションスキルは必要だろうと 言われるかもしれませんが、でも例えば、自分から海外へ進学したり、環境ががらっと変 わったら、それまで読み書きさえおぼつかない所でやってかないといけない。「読み書き 喋り」は日本語や英語だけではなくて、数学でも、建築でも、ゲームでも、プログラミン グもそうだろうし、書道だってそうゆうものになると思います。(これをメディアといいます)

高校まで進学されているってことは日本で社会の一人として生きて行けるほどの素養は身 につけていると思います。あなた自身のメディアを練り上げるのは、高校から考えても遅 くも早くもないけど“必要だ”と思います。

ー般の建築家の部類かわからないとおっしゃいましたが、酒井さんは日本にいた頃どん なことをやっていたのでしょうか。(日建設計?にいらした時)

その時々によりますが日本の職場では、大体5割技術開発(周りの設計者をプログラミン グを使ってサポートする役目)、4割設計業務(打ち合わせや調整がほとんどです)、1 割ボランティアや仕事に関係ある作品作りをしていた気がします。という仕事の配分だっ たかともいます。